ごあいさつ

 夏目組は左官工事請負業として創業以来、さまざまな建設工事に携わってまいりました。小さな工事から大規模工事に至るまでローコスト・ハイクオリティーを目指しながらそのいずれにおいても一切の妥協を許しません。

 また、夏目組は万一の災害の無いよう安全活動を繰り広げ『企業は人なり』の言葉通り人財(材)育成にも力を注いでいます。

 

さらなるプラス1%を目指して・・・

左官とは?

 建物の壁や床・天井などにさまざまな柔らかい材料をいろいろな鏝(こて)を用いて塗り仕上げる職種のことです。 

 平安時代の白壁や江戸時代のお城などの伝統技術として伝えられており、現在も近代的建築物を美しく仕上げる仕事です。

 

左官は大きく2つに分類できます

野丁場左官➡マンション・ビルなど大規模建築物を専門にする左官

町屋左官➡一戸建て住宅など小規模建築物を専門にする左官

 ※夏目組は野丁場左官が主体です。(町屋左官もいます)

 

左官工事について・・・

 左官工事は工程やコストの面から近年、減少傾向にあり職人数も減少しました。しかし最近になり、しっくい、珪藻土などの自然素材を使用した壁が見直されるとともに、手作業による仕上げの多様性や味わいを持つ左官仕上げの良さが再認識され人手不足となっています。 

安全に!良く!早く!廉く!

 当社では施工にあたって伝統の技能・工法に現代の管理方法を取り入れて『安全・品質・工程・コスト』などの面で自主管理することによって現状を的確に把握しもてる最高の技術にてお客様に安心と健康的な環境を提供したいと考えています。


専門家を育成

『職人は芸術家である!』

 技能者の技能向上、育成、教育、管理を通じて今まで見過ごされる傾向にあった、技術者・技能者・職人さんの社会的地位の向上に邁進することで、社会に貢献したいと考えております。これを機会に、より多くの皆様と知り合え、学び、成長出来たらと願っております